リレンザはインフルエンザにはとても有効なお薬です。またタミフルと違って異常行動もあまり見られないため10代の子供でも安心して使えるお薬となっています。こちらではリレンザがインフルエンザに有効なお薬だということをご紹介していきます。

リレンザってどーなの?インフルエンザを予防できる?

リレンザの予防接種負担金課税とせきによる感染

リレンザは治療もすることができますが、予防をすることもできます。この予防をする際は残念ながら保険適用されませんので、すべて自己負担になります。よってリレンザを予防で使う場合は、予防接種負担金課税となり、税金の対象になります。保険診療ができるものは非課税、自己負担になる場合は予防接種負担金課税の対象になりますので、その理屈からいけば、予防接種負担金課税になります。

またリレンザは従来の予防であるワクチン接種を行うことができません。あくまでも同居している方がインフルエンザに感染しているケースに限り予防という手段で使うことができる医薬品です。リレンザは吸引式の医薬品になりますので、ちょっとしたコツが必要です。クリニックや薬局で吸引方法を指導してくれますので、特にお子さんや高齢者の方がいる方は保護者や同居人が吸引方法を確認しておくことが大切です。リレンザは副作用が少ない医薬品ですが、吸引タイプであることから使用が難しい場合は充分な効果が少なくなることがあります。吸引方法はインフルエンザ治療において大切ですので、確実に吸引するようにその場で確認することも求められます。

インフルエンザは空気感染しますので、せきも感染源になります。せきエチケットを守ることが感染拡大を防ぎますので、せきが出ている方はマスクを着用することも大切です。また予防のためにもマスクを着用して外出するようにしましょう。また空気感染することから、空気清浄器の使用、そしてインフルエンザのウイルスの性質上、湿気に弱いことから除湿機も対策になります。このような方法でインフルエンザから守ることができますので、積極的に行うようにしましょう。