リレンザはインフルエンザにはとても有効なお薬です。またタミフルと違って異常行動もあまり見られないため10代の子供でも安心して使えるお薬となっています。こちらではリレンザがインフルエンザに有効なお薬だということをご紹介していきます。

リレンザってどーなの?インフルエンザを予防できる?

リレンザは吸入タイプの薬と札幌の高齢者向けサービス

インフルエンザ治療薬として活躍しているのが、リレンザです。リレンザの特徴として、吸入することによって、体内に有効成分を取り入れるのがあります。
吸入とは、専用の器具を使って、薬を噴霧する他、細かな薬を吸い込むことにより、気管支などへ成分を取り込む方法のことをいいます。通常の内服薬の場合だと、水やお湯と一緒に飲むことで、胃や腸へ薬を送り届けます。この方法では食道を通過してしまい、気管支の部分へ成分を送り届けるのが難しいことから、吸入の方法が利用されています。
副作用が出ることは稀であるリレンザですが、下痢や吐き気、嗅覚障害、アナフィラキシー症候群、呼吸困難などの副作用が出る場合があります。しかし、吸入する方法であれば、身体へ吸収される成分量が少なくすみ、副作用のリスクを抑えられるというメリットがあります。
札幌は北国である北海道に存在するとあって、早いうちから寒さが厳しくなるのが特徴です。インフルエンザは乾燥し、寒さが増してくる季節に盛んになりますので、札幌市内に住む人や、寒い季節に訪れる人は、感染に注意しましょう。
札幌では、高齢者に対するインフルエンザ予防接種を実施しています。接種日の時点で65歳以上であり、60歳以上65歳未満の人で、特定の疾患により免疫機能の障害を持つ人が、公的なサービスによるインフルエンザの予防接種を受けることが可能です。
接種料金は1000円程度と安く、1回受ければ終了します。条件さえ整っていれば、受けることが簡単ですので、体力の低下しがちな高齢者は、できるだけ予防接種を受けるようにしましょう。
予防接種を受ける際には、最寄りの医療機関で、保険証や障害者手帳を提示すれば、受けることができます。