リレンザはインフルエンザにはとても有効なお薬です。またタミフルと違って異常行動もあまり見られないため10代の子供でも安心して使えるお薬となっています。こちらではリレンザがインフルエンザに有効なお薬だということをご紹介していきます。

リレンザってどーなの?インフルエンザを予防できる?

予防接種後の症状軽いインフルエンザとリレンザ

高熱が出て大変つらい症状があらわれ、症状の重さだけでなく、周囲の人にうつしてしまう可能性があるので、職場などに行くことができなくなるインフルエンザは、手洗いやうがいなどの予防をしていてもかかってしまうことがあります。健康で体力のある人でも辛いインフルエンザですが、高齢の方や体力がない人、妊婦など、かかると危険が伴う人もいるため、できるだけインフルエンザを広めないようにすることが大切です。
インフルエンザの予防接種は効かない、と言われることがあります。現在のところ、予防接種後に完全にかからない、ということではなく、かかっても症状軽い状態ですむことが多い、ということで予防接種は効かない、と言われることがあるのです。しかし、インフルエンザにかかって辛い高熱が、少しでも抑えられたり、咳や鼻水などの症状が軽く済んだりすることがあるので、予防接種を受けることは基本です。
予防接種後に、さらに、家族や職場の人など、身近な人がインフルエンザにかかって、感染の危険がある時には、リレンザを予防的に使用することや、インフルエンザの症状軽いうちにリレンザを使用することで、さらにインフルエンザを軽くすることができます。予防接種後には、交代ができているので、インフルエンザウイルスが体内に侵入しても、抗体に阻まれて通常通りには増殖できません。症状軽いうちに、リレンザを使用することで、インフルエンザウイルスが増殖するのを抑えることができるため、さらに症状が軽く住むことが期待できます。抵抗力のないお年寄りや持病のある方などに有効な方法ですが、家族が外からインフルエンザウィルスを持ち込まないためにも、リレンザの予防的な利用は効果が期待できます。